お薬のこと

お薬に関するメモやクリニカル・クエスチョンを中心に載せていきます。皆様の学習のヒントになれば幸いです。

薬と健康の週間だってばよ

薬と健康の週間

平成30年10月17日~10月23日

【薬と健康の週間は何故始まった?】

1949年(昭和24年)に「全国薬学週間」が開催されたことをきっかけとして、
1978年(昭和53年)から「薬祖神祭の日」である10月17日を初日とする1週間を、「薬と健康の週間」として活動を始めました。

こちらの行動は、「厚生労働省」「都道府県」「日本薬剤師会」が実施している一斉行動です。

わが国で医薬の祖神と言われているのは、大己貴命(おおなむじのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)の二神で、
共に国土経営に尽力され、薬の術や医道、酒造諸々を教えたと「古事記」や「日本書紀」「風土記」等に述べられています。
http://www.yakujikyo.or.jp/festival/history.html より

 

【主にどんなことをしているの?】
薬剤師の役割や薬の正しい使い方を周知させるために

お薬相談会、医薬品の適正使用に関する講演会・展示会、薬物乱用防止キャンペーンの実施、こども調剤体験コーナーの開催、ラジオCMの制作・放送、啓発資材の作成・配布、市民参加型シンポジウムの開催、テレビCMの放映などなど。


すごく沢山の活動があるんですね!!

 

さて、薬はいつごろから関わりがあるのだろう?

薬にかかわる歴史を調べてみました。主に日本人の・・・

1887年 長井 長義(ながい ながよし) 麻黄からエフェドリンの抽出に成功
1889年 北里 柴三郎(きたさと しばさぶろう) 破傷風菌の純粋培養法を確立
1894年 高峰 譲吉(たかみねじょうきち) 消化酵素「タカヂアスターゼ」の発明
1897年 志賀 潔(しが きよし)赤痢菌の発見、
1910年 秦 佐八郎 (はた さはちろう)サルバルサンの開発(エールリッヒと共同)(世界初の合成化学療法医薬品)
1928年 アレクサンダー・フレミング ペニシリン発見

 

なんと!! 
当時、抗菌薬のペニシリンが発見される18年も前に
世界初の合成化学療法医薬品の開発は、パウエル・エールリッヒと秦の研究で誕生していたのです。

 

その秦がエールリッヒの元に派遣される前には、志賀潔がエールリッヒとサルバルサン合成のきっかけとなるトリパンロートという薬品の研究に携わっていました。
更に、秦と志賀をエールリッヒの元に派遣したのは北里大学の北里先生なのです。
北里先生は、森林太郎森鴎外)とも接点があったり、野口英世が学んでいたりと歴史上の名を残している人物と関わりがあるんですねー

 

それにしても、
このペニシリンの開発がきっかけで、多くの感染症治療と開発が飛躍的に進歩しました。
しかしながら、ペニシリンをはじめとする抗菌薬を安易に使ってしまうことで、抗菌薬が効かない環境が出てきてしまいました。これを薬剤耐性といいます。

 

この状況を、ノーベル賞受賞時の講演で、フレミングはこう予言?していました
「やがてペニシリンがお店で誰でも買えるときが来るかもしれません。
そのとき、無知な人が安易に、過少な服用を行い、菌を殺すに至らない量の薬を微生物に暴露させることによって、菌を耐性化させる恐れが出てくるかもしれません」

続きは、11月第3週にWHOが定める「世界抗菌薬啓発週間」で。


あれ、薬の正しい使い方の話じゃなくなっている??

 

 

トラムセット+プリンペランの併用って長期処方が多いですか?

今日はトラムセット+プリンペランの併用で調べたことです。

以前、

medical.nikkeibp.co.jp

山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」の記事にもありました。

この記事を以前読んでからは、少し気にするようになった影響なのでしょうか
トラムセット+プリンペラン(もしくはドンペリドン)の併用はよく見かけています。
それも長期でDo処方

副作用については、吐き気、嘔吐についても気になりましたが、
それよりもメトクロプラミド長期投与による錐体外路症状の出現がないのかが気になりました。

 

その理由のひとつとして、

僕個人的に、20年くらいメトクロプラミドを消化器疾患のため服用しています。
時々、会議とか講義で大人しくしなければならないときに、足をじっとしていられない感覚に襲われます。
これはもしかして、遅発性ジストニアの一種なのだろうか?と考えるときがありますが、自分のなかでの出現頻度は低いため、ジストニアのリスクよりも、疾患に対応するベネフィットの方を選択して服用を続けています。

 

さて、話は戻して・・・錐体外路症状の頻度について何か情報はないのかと

メトクロプラミド 錐体外路症状 頻度 でググってもめぼしい情報には当たりませんでした。
(検索のしかたが下手なのかもしれないが・・・)

 

次に
僕の務める薬局では、ある医療機関からのセットになっている処方が多いので、そこの先生の処方頻度を分析してみました。
詳しい数字は社内のものなので、公開は出来ませんが、大まかに行ったことは

①トラムセット+プリンペラン
②トラムセット+メトクロプラミド(つまりGE)
③トラムセット単独
③トラマール+プリンペラン
④トラマール+メトクロプラミド
⑤トラマール単独
のそれぞれの数を1年間で限定して調査。
そこから、処方変更になった症例、継続投与の症例などを追跡
メトクロプラミドによる錐体外路症状が出現していないのか?

結果として、(設定した期間では)
錐体外路症状を疑い中止になったケースは無し。
吐き気が問題になって中止になったケースもなし。
症状(痛みが緩和されて)処方変更になったケースは数件
といった感じでした。


意外に、錐体外路症状が起こる確率は少ないのでしょうか?
それとも調査対象が数十人単位なので、出てこなかっただけなのか?
(設定した期間外であるここ数日は、メトクロプラミドで食欲変化やトラムセットの吐き気で処方変更などが出ました)

もう少し続けて調べてみようかと思います。

 

さて、上記の記事にもありましたように
トラムセット、主にトラマドールによる吐き気や嘔吐が生じるのは投与初期(1週間くらい)と捉えています。

トラムセットのインタビューフォームにおいても、1週間目が発症例数として多いですね。

f:id:nitrotake8:20181016214039p:plain

1次資料があるのか探してみましたが、社内資料でした。

今度、資料をみせていただけるかメーカーさんに電話してみようかな?

 

調査をした後に、上記のような症状があった患者さんがいたので、調査したレポートとまとめて、服薬情報提供書を提出してみましたが、特に今のところアクションは無いです(泣)

 

【感想】

今回初めて処方を分析して、薬歴と突き合わせることをしてみましたが、面白いですね。それに伴って自分もしっかり後から追えるような薬歴を書かねばと肝に命じました。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

立てよ薬剤師ープロジェクト ブログを書く理由

#立てよ薬剤師 プロジェクト

全ての始まりには歴史がある

そう、立てよ薬剤師 と薬剤師が立ち上がったのにも歴史という背景がある

それは遡ること1年前…

いや、もしかしたら5年前にまで遡るかもしれぬ

 

ともあれ、

昨年話題になったこのプロジェクト

今年の日本薬剤師学会学術大会のポスター発表でも発表があった。

参加された諸君らは見ただろうか

www.congre.co.jp

 

という訳で

今年は参加させていただきます!!

テーマは大雑把にいうと

ねぇ、なんで薬剤師のブログ書いているの?

僕は①知識のアウトプットのため!!
ここ1、2年臨床に接した色々な本が誕生しています。
以前みたいに、ザ☆薬学教育 的なものだけでなく、服薬指導に関連するものや沢山出てきている同種薬の結局使い方はどうなのか?といった本が増えてきているのが特徴的です。
それらの本を読み漁ったり、添付文書やインタビューフォームを読んである程度の予測を立てています。
しかし、それをインプットしただけだと、

実際に現場で使うときに「使えない」「覚えていない」ことが沢山ありました。
そこで、「本当に理解が出来たのか?」と文章にしてみたり、図にしてみたりすると客観的に評価することが出来たのです。
そしてそれを

ブログやツイッターを通して共有していくと、他の先生方からのアドバイスや共感を頂いて更なるやる気が引き出されます!!
あとは、図の作成を続けていくと
スライドを頼まれたときに困らないくらいの技術を身に着けられたらいいなあ。

まぁ、仕事は奪いにいかないといけないですけどね^^

 

 

そして忘れてはいけないのが
②薬剤師は医薬品の安全な供給が仕事!!
安全で、安定な供給は、医薬品そのものだけじゃなく、
医薬品を取り巻く情報の安全な供給をしなければいけません!!

 

薬剤師法第一条 
薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。

薬剤師法


近年、Google検索における医療情報の不適切なランキング?で並べられているようです。
医薬品の名前を検索すると、ネット販売の検索が上がってきたりします。
どうせ上がってくるなら、僕たちでなるべく正確な知識で上位に埋めてやろうじゃんか!!!
と時間はかかりますが、なるべく正確な知識を発信していこうと思っています。

  

 盛り上がれ!!立ち上がれ 薬剤師!!

健康な高齢者にアスピリンを投与するとどのような影響がありますか?

Effect of Aspirin on Disability-free Survival in the Healthy Elderly
September 16, 2018 DOI: 10.1056/NEJMoa1800722

PMID:まだ載っていなかった?

P:70歳以上、オーストラリア、米国
E:アスピリン(100㎎)と服用 n=9525
C:プラセボを服用 n=9589
O:プライマリアウトカム:死亡、認知症、障害(複合アウトカム)
セカンダリーアウトカム:死亡、永続的な身体障害、主要出血性イベント

追跡期間:(中央値):4.7年

結果
プライマリアウト 1.01(0.92 to 1.11) P=0.79
セカンダリーアウトカム
死亡:1.14(1.01 to 1.29)
永続的な身体障害:0.85(0.70 to 1.03)
主要な出血イベント:1.38(1.18 to 1.62)
認知症:0.98(0.83 to 1.15)

盲検化しているか → randomized, placebo-controlled

ITT解析しているか → intention-to-treat(ITT解析)

1次アウトカムは明確化 → 明確

アウトカムは真か? → 真

吟味結果
服用してもしなくても、差は無かった。むしろ(セカンダリーアウトカムだが)出血と死亡率は増えるかもしれない
認知機能には影響を与えないかもしれない。
プライマリアウトカムが複合アウトカムなので、個々で見たら差が出るのかもしれないですね
漫然と投与を開始することを考えたら出血リスクを天秤にかけて少なくなるかも?
もし、(予防で使う)アスピリンを中止することが出来たなら、PPIも減らせる機会にかも?

ちなみにDAPTの期間も様々なstudyがでていいますが、完全な期間の決着がついていないので、こういう結果が今後影響されてくるかもしれないのかな


ここまで読んでいただきありがとうございました。
この記事は、特定の医薬品の推奨等する記事ではありません。
医師薬剤師と相談の上適切な医薬品使用を行ってください。

EMPA-REG試験を読んでみました

EMPA-REG OUTCOME

N Engl J Med. 2015 Nov 26;373(22):2117-28. doi: 10.1056/NEJMoa1504720. Epub 2015 Sep 17.

www.ncbi.nlm.nih.gov

PMID:26378978

P:2型DM、心血管リスクの高い人、18歳以上、HbA1c7.0~9.0、n=7020
E:エンパグリフロジン 10㎎、25㎎(n=4687)
C:プラセボ (n=2333)
O:心血管イベントによる死亡率、入院

ITT解析→してる
ランダム化→RCTなので、してる
盲検化→doubleblindなので、してる

 

【結果】
プライマリoutcome:HR:0.86、95%CI(0.74to0.99)p=0.04
心血管死:HR:0.62 95%CI(0.49 to 0.77)
全死亡率:HR:0.68 95%CI(0.57 to 0.82)

 

【感想】
結果として有意差が出て、心血管リスクの高い人の死亡率などを減らした様に見えますが、
エンパグリフロジンの投与は10㎎群と25㎎群がいるのに、プライマリアウトカムの結果としてはエンパグリフロジンだけしか記載がありません。
10㎎群だけはどうなったの?25㎎群だけはどうなったの?
すこし疑問が湧いてしまう結果です。

OTCの解熱鎮痛薬をまとめました

OTCの解熱鎮痛薬って色々ありますよね。
以前はバファリンと言ったらひとつ位しか無かったとおもっていたのですが、何種類も出ていて、主配合成分が弱冠異なっていました。

どれがどれなのか分からなくなってきた&一回一回調べるのが大変なのでまとめてみました。f:id:nitrotake8:20180831233644j:plain
f:id:nitrotake8:20180831233706j:plain
f:id:nitrotake8:20180831233723j:plain
f:id:nitrotake8:20180831233736j:plain

同じ配合のものがあるんですね。
これだと採用を考えるときや代替薬の提案の参考になりそうですし、他のドラッグストアさんに誘導させていただくときに、お伝えすることが出来そうです。

****追加***
けいしゅけさんのページに参考になる記事が更に詳しく解説してくださっています!!

keisyuke-blogyakkyoku.xyz
****追加終了****
意外とありそうで無かったのでまとめを今回は作成してみました。
皆様の参考になれば幸いです。

この記事は特定の医薬品を推奨する記事ではありません。ご注意ください

OTC パブロン®シリーズ

今回はパブロン®シリーズです

 

13種類もあって、まとめるのに「マジか!!」「多いな!!」

と正直に思いました。

でも、よく見てみると

錠剤と微粒で構成成分が同じものが出ているのですね

つまり、この構成成分が飲みたいけれど、錠剤は苦手or粉薬は苦手のパターンの人には、どちらかを選択することが出来るのが強みだと思いました。

パブロンメディカルNには、プソイドエフェドリン含有なのが注目かも。

f:id:nitrotake8:20180902195604p:plain

参考になれば幸いです。

特定の製品を推奨する記事ではありません