お薬のこと

お薬に関するメモやクリニカル・クエスチョンを中心に載せていきます。皆様の学習のヒントになれば幸いです。

ピルってなんだろう?

ご訪問ありがとうございます。
(特に男性の)皆さん、ピルって知っていますか?
ピルって避妊に使うイメージがありますよね? 
実は、治療薬としても使えるんですよ!!
 
知ってました?
 
ピルの仕組みを利用して、治療に用いることが出来る理由は女性のホルモンを調べると分かってきます
 
言い換えると、月経=生理の仕組みを使うと、それに関する病気の人で悩んでいる人には治療薬として使えるのです!!
 
さてさて、ピルとはなんぞや??
ピルは医薬品なのです。その成分は黄体ホルモンと卵胞ホルモン2つが配合されたもの
はい、終わりです(笑)
 
でも、これじゃあ記事にした意味ないですね。。。。
 
 
よし、もう少し深く掘り進みましょう!!
黄体ホルモン、卵胞ホルモンってなんですかね?
たぶん、女性ホルモンだと思う・・・と予想はつくと思います。
じゃあ、女性ホルモンってどうやって出て、どうやってはたらいているんでしょうか?
まとめてみました
 
まずは、女性ホルモンの分泌調節について ちょっと難しくなるかも・・・
女性は、約1ヶ月周期で性周期を持ちます。その周期を調節するのは視床下部-下垂体-卵巣系といったラインです。(下の図を見てね)
成長して性機能が成熟をしてくると、
視床下部からゴナドトロピン放出ホルモン(Gn-RH)というホルモンが分泌される
②Gn-RHの放出(命令)を受け取った下垂体の内、下垂体前葉は卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体刺激ホルモン(LH)というホルモンが分泌される
③FSHを受け取った卵胞は卵胞の発育とエストロゲンの放出をする
④発育した卵胞にLHが作用して排卵が起こる⑤卵を出した殻は黄体になる
⑥黄体からエストロゲンプロゲステロンを放出する
プロゲステロンエストロゲンは子宮内を着床しやすい状態に整える(ベッドをフカフカにする)
⑧受精しなかった場合黄体からのプロゲステロンエストロゲンの分泌は減っていく
⑨妊娠が成立しなかった場合、エストロゲンプロゲステロンの分泌低下によってフカフカにした子宮内膜は排泄される=出血する=生理が起こる=月経した=おりものが出た
⑩①に戻る。

f:id:nitrotake8:20180701072840p:plain

各種薬剤師国家試験予備校資料より作成

 

基本はこんな流れでからだの中のホルモンが流れて生理が起こっています。
ここで出てきた、ゲスタゲン=プロゲステロン(黄体ホルモン)エストロゲン(卵胞ホルモン)が主に女性ホルモンとして取り扱われます。
 
④をLHサージといって排卵予測に使う。
(この数日後、体温が上がるので、体温計で計って排卵を予測することもしています)
今は、排卵予測の簡易キットがあります。この簡易キットはLHをターゲットとして検査しています。
 
~ちょっとだけ薬学で習う話~
LHをターゲットとして測定する検査キットは抗原抗体反応を利用したサンドイッチ法を用いています。
金コロイド粒子や着色ラテックス粒子等で標識した抗体と尿中LHを結合し て、複合体を形成させた後、複合体を更に判定部上に固定化された別の抗体で捕捉することで、判定部が着色され LH の有無が確認できるものです。
評価結果報告書 (平成 27 年 10 月 26 日 )
この資料の中にLHサージに関する図があるからぜひ見てね
 
 
ポイント!
分泌されるエストロゲンプロゲステロンが持続的にでていると、視床下部や下垂体前葉に作用して
「これ以上刺激(分泌)しなくて良いよ!」
と指令を出すことで、次の排卵が起こらない状態を作ります。=ネガティブフィードバック
→妊娠中はこの状態です! 
妊娠中に新しい排卵は起こらないのは、エストロゲンプロゲステロンが持続的に出ているからです
→この状態にするためにピルを服用する
 
 
→この仕組みを利用して、
出血が多くて困っている病気の人が子宮内膜の出血を起こさないようにするために、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの両方が配合された、お薬を飲むことでコントロールする事が出来ます。
しかし、ホルモンの調節を完全にコントロール出来る訳ではないので、出血が少なからず起こることがあります。
 
 
まとめると
ピルを飲むことで
①不正出血を抑制、②生理不順を整える(生理の周期がバラバラになっているのを整える)
が期待出来ます。
 
今回は女性ホルモンの仕組みについてまとめてみました。
なんでこれを小学校や中学校の性教育で男子には触れないんですかね?
もう少し簡単でもいいので、触れる、学ぶ機会が必要だと思います。
 
次は、PMSについて書いてみましょう?
(気力があったら 笑)
 
 

アミノ酸サプリメントからサルコペニア、肝性脳症まで繋げてみた

以前、アミノ酸サプリメントの記事を書きました。

そこからもう少し詳しく考えてみました。

そこから連想出来たキーワードを書いておきます。

 

アミノ酸サプリメント

栄養剤

エンシュア、エンシュアH

筋肉、筋トレ、プロテイン

運動、フレイル、サルコペニア高齢化社会健康寿命プライマリケア

BCAA、AAA、肝性脳症、アミノレバンEN、エレンタール、TPN、経腸栄養剤

 

ずらっと、 沢山ありますね

 

まず、BCAAとAAAと筋トレとサルコペニアを繋げてみましょう。

BCAA(分岐鎖アミノ酸)とAAA(直鎖アミノ酸)は必須アミノ酸20種類の中で、それぞれ筋肉や肝臓で代謝されます。

f:id:nitrotake8:20180617233535p:plain

代謝されてアンモニアになって排泄されます。

BCAAはバリン、ロイシン、イソロイシンのことを指します。

彼らの内、ロイシンが主に筋肉になりやすい=タンパク同化作用(つまり同じタンパク質になる作用がある)と言われています。

f:id:nitrotake8:20180617233617p:plain

そのため、プロテインの配合成分で

ロイシン含有を前面に押し出している製品があります。

更に、ロイシンを摂取しても生体内に利用されるのは、代謝されたHMB。

HMB(βーヒドロキシーβーメチルブチレート)である。

ロイシン→HMBへの変換率は約5%程度だと言われています。

 

なので、最近のプロテインの袋に

HMB配合!!を更に押し出している商品が見られます。

 

サルコペニアとは骨格筋の萎縮によるものを指します。

 

ここでBCAA製剤を摂取すると、筋肉になって、サルコペニアが防げるかも??

となんとなく繋げてみる。

 

次は、BCAAとAAAと肝性脳症です。

BCAAは主に筋肉で代謝、AAAは肝臓で代謝されやすいという特徴があります。

そこで、肝機能が低下すると???

f:id:nitrotake8:20180617233717p:plain

 

BCAAの代謝は変わらずに行われて、AAAの代謝が減ってしまうと考えられる。

そこで、もう一つの特徴を

BCAAとAAAはBBB(血液脳関門)を通過するのだが、

BCAAが沢山あるとAAAと拮抗しあって、BCAAの方がより多く脳に取り込まれる。

これが正常の状態

f:id:nitrotake8:20180617233807p:plain

そこから、BCAAが減ってしまうと、AAAが脳内に増えてしまう。

AAAが脳内に増えてしまうと???

f:id:nitrotake8:20180617233834p:plain

AAAはチロシンフェニルアラニントリプトファンのことを指します。

これらは、代謝されるとノルアドレナリンセロトニンドパミンになります。

この代謝物が増えると精神障害睡眠障害が生じやすいです。

 

f:id:nitrotake8:20180619114041p:plain

f:id:nitrotake8:20180619114120p:plain

この辺りが、肝機能障害によってアミノ酸代謝機構がうまく循環できなくなり、精神的な症状が現れるのですね。

 

さて、机上の空論で語ってもしょうがないので、実際に摂ってみたらどうだったのか?

PMID:16507602

<濃度の違うアミノ酸を摂取した時のフェニルアラニンの濃度変化、年齢による違い>

これは、サルコペニアを合併していない高齢者を対象にした試験のようです。

今回は、結果だけを見てみると

f:id:nitrotake8:20180617233942p:plain

高齢者は高濃度群でタンパク合成が亢進して、若年者は低濃度群でタンパク合成が亢進していますね。

次は、サルコペニア合併している高齢者を対象にした研究です。

PMID:12936924

これは、正直見方が分からなかったのですが、結果がまとまっている書籍を読んでみると、、、

フレイルティの人:高たんぱく食を摂取したことで、骨格筋タンパク分解が下がり、骨格筋以外の筋肉たんぱく分解が亢進したようです。

骨格筋の合成

高たんぱく食vs低たんぱく食→0.38±0.08 vs 0.32±0.01 (g/kf FFM/day)

 

ちなみに、ただアミノ酸を取るだけじゃなく、運動も加えましょうねという結果もありました。

ほほう。

PMID:18294740

運動のみ群

運動前;2524±195 運動後;2283±331 変化;-11.5±7.5

サプリメントのみ群

運動前;1705±481 運動後;1711±511 変化;-0.4±13.8

運動+サプリメント

運動前;2534±198 運動後;2819±381 変化;10.1±9.0 P=0.004 

 

この運動はレジスタンス運動がよいんだとか

 

あともう少しです(笑)

サルコペニアの診断基準はまだ定まっていないようで、

EWGSOPよりはAWGSの方がアジア人を対象にしているため、日本人に使いやすいかもしれません。

f:id:nitrotake8:20180617234011p:plain

f:id:nitrotake8:20180617234048p:plain

サルコペニアになったからと言って、フレイルティになるだけではなく、
老年症候群による機能低下の方向からもフレイルティになることが考えられる。

また、サルコペニアとフレイルティの関係は相互共に関連しているようです。

f:id:nitrotake8:20180617234112p:plain

 

ここまでなんとかまとめてみました。

いろいろ繋がってきますので、面白いですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

【参考書籍】

 

新版 栄養・運動で予防するサルコペニア サルコペニア診療ガイドライン2017年度版準拠

新版 栄養・運動で予防するサルコペニア サルコペニア診療ガイドライン2017年度版準拠

 

 

 

 

 

 

 

モーラステープのジェネリックを選ぶならどれがいいですか?

かぶれの種類
①刺激性接触性皮膚炎
②アレルギー性皮膚炎

 

刺激性皮膚炎の発症機序
角層はバリアの役割を果たしており、正常な皮膚では分子量 1000 以上の物質が角層を通過することはないと考えられている。しかし、現在の生活環境においては角層の障害が起こる機会が多くなっているため、皮膚に接触した刺激物質が障害部位より侵入して角化細胞を刺激しサイトカイン、ケモカインの産生を誘導すると考えられている。表皮細胞から産生されたサイトカイン、ケモカインが炎症細胞の局所への浸潤を引き起こし炎症が起こると考えられている。

 

アレルギー性接触皮膚炎の発症機序
接触皮膚炎で難治性を示すものがアレルギー性接触皮膚炎である。アレルギー性接触
皮膚炎は刺激性皮膚炎と異なり、微量のハプテンで皮膚炎を起こし得る。アレルギー性
接触皮膚炎の発症には感作経路(sensitization phase) と惹起反応(elicitation
phase) の2つがあるとされている。

重篤副作用疾患別対応マニュアル 薬剤による接触皮膚炎
http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1a17.pdf

 

<モーラスのかぶれ>

総症例1,156例中副作用が報告されたのは57例(4.93%)モーラステープ
総症例6,908例中副作用が報告されたのは141例(2.04%)で、すべて接触皮膚炎であった モーラスパップ

添付文書より引用

 

<クロタミトン>
オイラックスの主薬
接触性皮膚炎の原因として知られている。
58/953例=6.1%(添付文書)

クロタミトンの接触性皮膚炎に関する論文を探しましたが、古くて要約は載ってなかった。

PMID: 14996078 クロタミトンによるアレルギー性接触性皮膚炎
PMID: 1424600 

<ラテックス>
ラテックスアレルギーの人には注意!!
テープの支持体に用いられている。

モーラステープには、紫外線吸収剤(4-tert-ブチル-4'-トキシジベンゾイルメタン)が含まれている!! しかし光線過敏症(頻度不明)

~添加物~

モーラステープ
l-メントール、ジブチルヒドロキシトルエン、水素添加ロジングリセリンエステル、スチレン・イソプレン・スチレンブロック共重合体、4-tert-ブチル-4'-メトキシジベンゾイルメタン、ポリイソブチレン、流動パラフィン、その他5成分
 
ケトプロフェンテープ40mg「テイコク」
スチレン・イソプレン・スチレンブロック共重合体、脂環族飽和炭化水素樹脂、ポリブテン、BHT、l -メントール、流動パラフィン、その他2成分
 
ケトプロフェンテープ「SN」
軽質流動パラフィン、l-メントール、クロタミトン、メタクリル酸・アクリル酸n-ブチルコポリマー、天然ゴムラテックスSBR合成ラテックス、ミリスチルアルコール、ジブチルヒドロキシトルエン、ポリブテン、モノオレイン酸ソルビタン、ポリソルベート80
 
ケトプロフェンテープ「トーワ」
軽質流動パラフィン、l-メントール、クロタミトン、メタクリル酸・アクリル酸n-ブチルコポリマー、天然ゴムラテックスSBR合成ラテックス、ミリスチルアルコール、ジブチルヒドロキシトルエン、ポリブテン、モノオレイン酸ソルビタン、ポリソルベート80
 
ケトプロフェンテープ「ラクール
スチレン・イソプレン・スチレンブロックコポリマー、テルペン樹脂、スクワラン、流動パラフィン、セバシン酸ジエチル、l-メントール、BHT、オキシベンゾン
 
ケトプロフェンテープ「三和」
流動パラフィン、l-メントール、クロタミトン、メタクリル酸・アクリル酸n-ブチルコポリマー、天然ゴムラテックスSBR合成ラテックス、ミリスチルアルコール、BHT、ポリブテン、オレイン酸ソルビタン、ポリソルベート80
 
ケトプロフェンテープ「日医工
流動パラフィン,l-メントール,クロタミトン,メタクリル酸・アクリル酸n-ブチルコポリマー,天然ゴムラテックスSBR合成ラテックス,ミリスチルアルコール,ジブチルヒドロキシトルエン,ポリブテン,オレイン酸ソルビタン,ポリソルベート80
 
ケトプロフェンテープ「杏林」
流動パラフィン、l-メントール、クロタミトン、メタクリル酸・アクリル酸n-ブチルコポリマー、天然ゴムラテックスSBR合成ラテックス、ミリスチルアルコール、BHT、ポリブテン、オレイン酸ソルビタン、ポリソルベート80
 
ケトプロフェンテープ「東光」
スチレン・イソプレン・スチレンブロックコポリマー、テルペン樹脂、スクワラン、流動パラフィン、セバシン酸ジエチル、l-メントール、BHT、オキシベンゾン
 
アレルギーをなるべく起こして欲しくない、モーラステープジェネリックをリスクを考え先手を打つと考えると、選択するにはラクールと東光がいいかもしれない。
こんな考え方もありますねぇ
 
 

 

芍薬甘草湯における低K血症についてめも。

JSTAGEで症例報告を読んだので、低K血症が起こる状況があった部分だけ図にまとめてみた。

 

低K血症:K値>3mmol/L

症状:筋力低下、横紋筋融解症、麻痺性イレウス、傾眠傾向、多尿、不整脈

論文:

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsicm/24/5/24_24_555/_pdf

f:id:nitrotake8:20180528194252p:plain

ワークショップに参加してみました

5月19日AHEADMAPワークショップに参加してみた
様々な意見が交わされました

今回のテーマは「薬を飲めない、飲まない。。。にどう向き合えばよいのでしょうか」

近年、お薬の残薬問題が社会問題化しています。
お薬が余っているのは飲んでいない、使っていないからだけれど、

何故使っていないのか?

お薬を飲もうとしていなくて、余っている
お薬を飲みたいけれども、事情があって飲まなくて!余っている
種類や量が多く、飲む時間が複雑で飲み忘れた
病気が治ったと自分で判断して、飲むのを辞めた
(中央社会保険医療協議会 総会(第311回)資料、青島先生スライドより参考)

そもそもお薬を飲むという「行為」はするものなのか?されるものなのか?

されているのだとしたら、誰に?

そもそも、服薬アドヒアランスを本当によくした方がいいのか?気になりませんか?
(PMID:16790458)

余っているのは、もしかしたら薬が多いのかもしれませんよね?
近年話題になっている「ポリファーマシー」という問題もあります。
これを解決する方法はひとつじゃありません。
ある人は一包化したり、ある人は配合剤にしたり、ある人は減薬したり、ある人は生活習慣から見直したり

これが本当に必要な医療なのかな?

そもそも、患者さんの治療をする上で最終的なゴールはどこなのかな?

そのゴールに向かって私たち医療者は、患者さんを取り巻く周りはなにをすればいいのかな?ということを皆で考えるとても有意義な時間でした。

毎回EBMのワークショップは明確な着地点がありません

それぞれがもやっとした中で、目の前の患者さん個々に当てはめて、こうしたらいいかもを各々が、提案できたらいいですよね。

決してエビデンスの押し付けにならないように。。。

飛行機に搭載されている薬ってどれですか?

「この中にお医者様はいらっしゃいませんか!!!!」

 

そんな場面に出会ったことがありますか?

 

私は、医師ではないので、手を挙げられませんが

飛行機に搭載されている医薬品集をあらかじめ知っておけば、対応、治療の手札として有効なのかも・・・・しれない

なにか手伝えるかも・・・・しれない 現時点ではわからない

 

立ち会う瞬間はないかもしれないが、あるかもしれない

万が一に備えて、何が搭載されているのか気になってので調べてみました。

 

飛行機は「国土交通省」の管轄

そこで、国土交通省関連で検索すると

http://www.mlit.go.jp/notice/noticedata/pdf/201701/00006370.pdf

航空法施行規則(昭和 27 年運輸省令第 56 号)第 150 条第 2 項の規定
「救急の用に供する医薬品及び医療用具について」

がでてきた。

まとめると

f:id:nitrotake8:20180513012017p:plain

こうなって、更に下のページを見てみると

追加してもいい医薬品リストがあった

f:id:nitrotake8:20180513012125p:plain

では、実際に各航空会社では何を搭載しているのか?

まずは、ANA

f:id:nitrotake8:20180513012226p:plain

次はJAL

f:id:nitrotake8:20180513012250p:plain

どの様な疾患を想定しているかによって変わってきますね。

救急性の高い疾患を想定して、血圧の維持や血管を広げる、血圧を上げる、けいれんを抑える、出産を実行させるか否かなど考えられます。

飛行機の中で治療を実行させて終了させるというよりは、地上にバトンタッチできる状態に持っていくことが、仕事かなぁ

 

そこで、薬剤師が何が出来るのか? 本当に何もしないがベストなのか?

模索していきたい

糖尿病の薬で2つ目を追加しやすいのはどれですか?

糖尿病で併用薬を使う割合はどのくらいなのだろうか?
そもそも1つ目を使って、どのくらいの確率で2つ目を追加するのだろうか?
 
そんな疑問を調べてみました
 
JAMA Intern Med. 2014 Dec;174(12):1955-62
Initial choice of oral glucose-lowering medication for diabetes mellitus: a patient-centered comparative effectiveness study.
PMID:25347323
 
第一選択薬として、メトホルミン、チアゾリジン系薬、DPP4I薬、SU剤を用いた時に、他の薬剤を追加する可能性で薬剤間の差はあるのか?
低血糖や心血管イベントに差はあるのか試験
【PECO】
P 15,516例=2型糖尿病患者、2009年7月1日~2013年6月30日
E メトホルミン(8,964例)
C チアゾリジン系(948例)、DPP4I(2,034例)、SU剤(2,034例)
O 主要アウトカム:他の薬剤の追加、インスリン療法の開始
副次アウトカム:低血糖による救急を受診する割合、心不全、心血管イベント(冠動脈性心疾患+うっ血性心不全+不安定狭心症脳梗塞+急性心筋梗塞+血行再建術の施行の複合)
除外基準:
①血糖降下薬のうち,meglitinide,α-グルコシダーゼ阻害薬,GLP-1アゴニストによる治療を開始した者、
②異なる2剤を同時に服用した者(併用療法など)
③第一選択薬投与開始から短期間のうちに第二選択薬を開始した者
 
【結果】
2つ目の薬の追加が必要だった割合

f:id:nitrotake8:20180505172839p:plain

メトホルミンと比べた時のハザード比(カッコ内:95%信頼区間) 

f:id:nitrotake8:20180505172942p:plain

副次アウトカム

f:id:nitrotake8:20180505173048p:plain

【感想】

追加について、メトホルミンと比べて、3つとも有意差があるようです。

案外、DPP4阻害薬が高くないことにびっくりしています。(3つの中でだけですが・・・)

副次アウトカムですが、低血糖によって救急を受診することに対して、有意差がでたのがSU剤ということは、やはり、低血糖リスクについて念頭において服薬指導をする必要があるなと改めて思い知らされました。

 

SU剤の低血糖については、

単独でも、メトホルミンを追加しても低血糖リスクだ高い→PMID:27413017

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=27413017

DPP4阻害薬vsSU剤の低血糖リスク→PMID:27329021

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=27329021

というのも報告されているので参考になれば幸いです。

 

<参考>

糖尿病トライアルデータベース

Berkowitz SA, et al. | 糖尿病トライアルデータベースd