nitrotake8’s blog

おくすり の めも

セマグリチドの非劣性試験

セマグリチド論文抄読を先生方のツイキャスで聞きました。

劣性試験が分からなかったし、劣性マージンってなんやねん!と思ったのでまとめてみた。

 

・非劣性試験とは?

 被験薬が対照群に比べて"非劣性マージン"以上に劣ることはないことを示す試験

・非劣性マージンをΔとする

・-Δ側:被験薬が優れる

・Δ側:対照群(実薬)が優れる

・同等性=-ΔとΔの間に信頼区間が入っている

・非劣性=信頼区間がΔを飛び出していないか

 

これ論文↓(PMID:27633186)

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

この論文の相対リスク(RR)、オッズ比(OR)、NNTを計算してみた。

これで良いのか分からないが、こうやっていくのだろうか?

Primary composite outcome の場合

RR=6.6%/8.9% =0.74

RRR=1-0.74=0.26 →26%リスクを減少させる

OR=(1503×108)/(146×1540)=0.72

NNT=1/ARR=1/(8.9%ー6.6%) =1/0.023=43 →43人に1人有効

 

Δ=1.8より

-Δ~Δの間に信頼区間あるか→ある(95%CI:0.58-0,95)→プラセボと同等性

Δよりも小さいか→小さい(0.59-0.95<1.8)→非劣性である

スタチンって奥が深いんですか?

ツイッター等で流して読んでいるとスタチンの奥が深そうな発言を見られますね。

実際気になってスタチンの特集をした雑誌買って読んでいます。

なかなか進まないんですが(笑)

 

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa040583#t=article

 

この論文をチラッと覗いてみました。

最近は、雑誌に引用している論文の数字が本当にあっているのか?どうやって計算していくのか確認していくためにもちょこちょこ覗いています。

相対リスク=RR

相対リスク減少率=RRR

ARR

NNT

このキーワードも忘れないために電卓を弾きまっせ!!

 ~めも~

fire and forget = 心血管イベントの一次予防だろうが二次予防だろうが、とりあえずLDL-Cをがっつり下げちゃおう作戦

問題はどこまで下げるのか?

 

AHAの一次救命のBLS2015版出たんですね。

薬剤師になってからまだ一回も救命講習を受けていないので、とても焦っているところではあります。

そろそろ申し込みをして参加しなきゃなぁ~と思いながら出来ていないのが現実。

 

目標のためには、なんとか行動しなければ!!

 

来月には購入して勉強しよう そして講習会申し込みを行おう

 

 

BLSプロバイダーマニュアル  AHAガイドライン2015 準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2015 準拠

 

 ~めも~

「ヤバイ胸痛」

「のどの痛み」

クループ症候群→デカドロンエリキシル/リンデロンシロップ

咽頭側隙→開口障害

急性喉頭蓋炎→窒息

 

メトホルミン+SU剤 vs メトホルミン+DPP4阻害薬

メトホルミン+SU剤       2.0  19.6  24.6

メトホルミン+DPP4     0.8   7.6   14.9

                               重度低血糖 CVD 粗死亡率

 

リスク増大は メトホルミン+SU剤   >   メトホルミン+DPP4阻害薬

死亡率の有意差あり。

 

www.ncbi.nlm.nih.gov

PMID:27329021

 

 

今読んでいるもの

薬剤師のための臨床推論  を読んでいます。

まだ途中ですが読んでいる感想としては、ただそのまま実行するとミニドクターになりかねないということ。

薬剤師としての目線と立場を忘れないことが学ぶ目的を見失わないコツなのかもしれないですね。

処方せん鑑査を行うときに使用して、服薬指導時に的を絞ってお話をする。

普段何気ない仕事の動線の一部ですが、意識して行うのとそうでないのは変わってくるかも?

 

薬剤師のための臨床推論

薬剤師のための臨床推論

 

 

~めも~

[ヤバイ頭痛]

[ヤバイ腹痛]

OPQRSTを用いた評価

急性副鼻腔炎

小児急性中耳炎

糖尿病性ケトアシドーシス

AIUEOTIPSを用いた評価

橈骨動脈と頸動脈の血圧評価

起立性低血圧の順番から診える仕組み

ブログを久しぶりに

ブログを久しぶりに作ってみた。

 

読んだ本や論文などの感想、日々学んだことのメモとしてつかって行こうと思います。